メディアに衝撃を与える

この主張は、メディアに大きな衝撃を与えました。 そうだとしたら、政府は、皮膚の問題を、体全体の公衆衛生政策の問題にすり変えてしまったというのでしょうか? (これはメディア・キャンペーンに納税者のお金を使って、人々に日光浴やサンベッドを使わないようにさせたことにも関わってきます。) 政府は一方的な意見に基づいて、行き過ぎた行動をとってしまったのでしょうか? たしかに、周知のように、紫外線の過剰照射を繰り返すことによる皮膚へのリスクはあります。 しかし、日焼けを避ける域を超えて、紫外線照射を減らすことは賢明なことでしょうか? おそらく、そうではありません。 世界中のすぐれた専門家の多くは1回のサンベッド使用による照射量を70〜75% (1 M.E.D.*** の約70〜75%) に低下させれば、安全なばかりでなく定期的な健康的習慣として望ましいことだと主張することでしょう。 これは、タイプ1の皮膚を持つ人やその他のハイリスク・グループの人でなければ、16歳以上のすべての人に当てはまることであり、とくに高齢者にとっては望ましいことです(高齢者は年をとるにつれて日光浴を減らすどころか、増やす必要があるのです)。 これこそ、私たちが今ここで扱っている画期的な科学的仮説です。

▲このページのTOPへ