科学レポート

すぐれた科学者であるWilliam B. Grant、Cedric F. Garland、Michael F. Holickは、不十分なUVB照射およびビタミンDにより生ずる病気の経済的コストを推定するために、公表された科学的レポートのデータを分析しました。 これには、十分なUVBおよびビタミンDを摂取すれば予防できると合理的に考えられる症状だけが含められました。 同じことを過度の紫外線照射についても行い、英国の推定値を算出しました。 これらの科学者は、次のように結論しました。 「私たちは、ビタミンD不足によるガンで、米国では年間50,000〜63,000人、英国では年間19,000〜25,000人が早世していると推定しています。 不適切な日光UVB照射、食事、サプリメントから生ずるビタミンD不足による米国の経済的負担は、2004年には400〜560億ドルにのぼると推定されます。 一方、過剰な紫外線照射により生ずる経済的負担は、60〜70億ドルと推定されます。 これらの結果は、UVB照射、強化食、サプリメントによってビタミンD摂取量を増やすことにより、米国、英国、その他の医療負担を減らせる可能性を示唆しています。 これらの推定値を確認するには、さらなる研究が必要です。」

▲このページのTOPへ