紫外線は適切な量を浴びると有益

ある最新の科学レポート**は、まさに居住まいを正して耳を傾けざるを得ないような強い関心を政府に起こさせました。 紫外線は適切な量を浴びることで有益となり、過剰に浴びてしまうと有害であることが示されたのです。 十分なビタミンDを摂取することは健康に不可欠であり、UVB(中波紫外線)を浴びることは最も重要なビタミンD源です。 さまざまな研究により、UVBおよび/またはビタミンDは、10種類以上のガン、多発性硬化症、骨粗鬆症、その他多くの重大な病気のリスク低減に関係していることがわかりました。 それとは対照的に、過剰な紫外線照射は、皮膚ガンや白内障と関連があります。 したがって、問題は適切な量の紫外線を浴びることです。 つまり、紫外線を浴びないようにするのではなく、実は十分な紫外線を浴びることなのです。

▲このページのTOPへ